トピックス記事     カテゴリ : セキュリティ

セキュリティ対策ができなくなる日

2006年7月11日で、マイクロソフトは Windows98、WindowsMeのサポートを終了した。

サポートが打ち切られるとということは、メンテナンスが終わったということ。
新たにセキュリティホールが見つかっても対策されず、攻撃を防ぐ手だてがなくなるということだ。

企業が使うパソコンは、Windows NTの後継バージョンとされる Windows 2000 (W2K)で動くものも多い。その Windows 2000のサポート終了日は、2010年7月13日である。当初のサポート終了予定の2005年6月30日から5年間延長された。
Windows XPのサポート終了日は、当初は2006年末とアナウンスされた。
Vistの発売が遅れたことで 2007年末までに変更されたが、問題が大きくなり 2009年4月14日に延長された。最終的なサポート終了日はさらに延長され、発売から12年を超える 2014年4月13日になった。

Vistaが発売されても、企業はPCの新規購入時に Vistaを入れず、 Windows Xpにダウングレードして購入するケースが圧倒的に多かった。
Windows XP Home Editionは、2008年6月30日に販売終了の予定だった。しかし終了日がせまる4月3日、マイクロソフトは XP Home Editionの販売終了予定を 「2010年6月30日か、Windows 7発売1年後のどちらか遅い方」まで延長した。
国内メーカーは2009年夏モデルでも Xp のDVDを付属させ、「Windows Xpのダウングレードが可能」というアナウンスを行っている。Vistaへの不信感は、コンシューマ向けでも払拭できていない。

次のWindows システムの発売は、10月22日だ。
Xpへの移行で問題になったが、まとまった台数を使っている役所、教育機関では、Windows 7への移行費用が千万円単位になる場合もあり、Widows 2000、Xpをいつまで安全に使えるかは大きな問題になる。

マイクロソフト プロダクト サポート ライフサイクル - 製品一覧のサポート日程をまとめてみた。
製品名製品発売日メインストリーム
サポート終了日
延長
サポート終了日
Windows Vista Enterprise2007/01/252012/04/102017/04/11
Windows Vista
Enterprise 64-bit edition
2007/01/252012/04/102017/04/11
Windows Vista Business2007/01/252012/04/102017/04/11
Windows Vista
Business 64-bit edition
2007/01/252012/04/102017/04/11
Windows Vista Home Basic2007/01/252012/04/10対象外
Windows Vista
Home Basic 64-bit edition
2007/01/252012/04/10対象外
Windows XP Professional2001/12/312009/04/142014/04/08
Windows XP Home Edition2001/12/312009/04/142014/04/08
Windows 2000 Professional2000/03/312005/06/302010/07/13
Windows 98 Second Edition1999/06/302002/06/302006/07/11
Windows Millennium Edition2000/12/312003/12/312006/07/11
メインストリームサポートが終了すると、セキュリティ関連以外の修正プログラムの対応が行われなくなる。無償問い合わせは打ち切られ、問い合わせは有償サポート契約が必要になる。
メインストリームサポート終了日から2年を超えたら、Windows Updateではなく、ダウンロードセンターでダウンロードし、自分でパッチを当てる方法に移行する。(詳細)

いっそ Microsoftは、Sun Cobalt用OSの BuleQuozeように、98とMeをオープンソースにしたらどうだろう。Windows 7より素晴らしいOSができあがるかも知れない。

Comments

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
 
Copyright | 8 Peaks Inc. | Saku City NAGANO | 0267-82-7082 | Back to top