トピックス記事     カテゴリ : セキュリティ

マルウェア対策 基本のキ

  • Windowsアップデートを行ってパソコンのセキィリティホールをふさぐ。
  • ウイルス対策ソフトを使う
  • ウイルス対策ソフトの定義ファイルは最新版を使う。
  • ファイル拡張子を表示させる。
  • マルウェア情報に敏感になる。
  • 「いつもと違う」ことに気づく能力を磨く。
かかったかなと思ったら、Windows Live OneCare PCなどでPCをチェックする

マルウェアの感染予防

マルウェアに対する対策の第一歩は、感染をしない体力作りである。

Windows アップデート

マルウェアは、セキュリティホールを利用して、パソコンに侵入するケースが多い。
Windows アップデートで、OSやInternet Explolerなどのセキュリティホールを塞ぐ。
Windowsシステムのみならず、Softwear、Applicationにはバグや見落としがつきものである。開発当時は、問題がなくても技術の進歩やシステムの変遷により、セキュリティホールとなるものがある。
マルウェアの話題が報じられたり、緊急パッチの情報が流れた時、長い休暇の前などには、セキュリティアップデートを行う。

Jowspryのように、Windows Updateの機能を利用して、パソコンに入り込むマルウェアもある。
心配な場合は、先にWindows Live OneCare PCなどで、Pcをクリーンにする。

ファイルの拡張子の表示

ファイルの拡張子を見れば、どんなファイルかばれてしまうので、マルウェアはファイルの拡張子(○○.doc、○○.xsl、○○.bmpの○○以外の部分)が表示されないことを期待してる。
そのためわざわざ二重拡張子を使ったり、空白で溢れさせたり、文字列を左右逆に表示させたりしてごまかす工夫をする。

Windows Systemは、ファイル拡張子を表示させない設定が規定値である。実行ファイル(.exe)とわからなければ、マルウェアの思うつぼだ。
悪意を持つプログラムをクリックしてしまう場合もあるので、拡張子はかならず表示させる。

ファイル拡張子を表示するには
     「ツール」→「フォルダオプション」→「表示」と進み、
     □登録されているファイルの拡張子は表示しない
の行のチェックを外す。(初期状態ではチェックされている。)

危機管理の意識とスキルの向上

マルウェア対策に欠かせないものに、危機管理の意識を持つこととスキルの向上がある。

マルウェアの被害には、パソコンが動かなくなる、ハードディスクの中身が消されるというものがある。
大切なデータが消えたら仕事に支障がでる。
データのバックアップ計画も、危機管理の一つだ。

ウイルスを駆除するためにレジストリを書き換えなければならない場合や、Windowsシステムを止めないと削除できない場合がある。
クリーンなデータを保存し、再インストール(リカバリ)を行うのが、一番確実な場合もある。
これらの作業ができるスキルは当然だが、判断できる知識がなければ、状況把握もできない。

与えられた環境の中で決まった操作をしているだけでは、日々変わっていくマルウェアに対応することができない場合がほとんどである。
機会を見つけてセキュリティ情報を得たり、知識を増やしスキルを磨く努力が必要だ。

Comments

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
 
Copyright | 8 Peaks Inc. | Saku City NAGANO | 0267-82-7082 | Back to top