トピックス記事     カテゴリ : セキュリティ

特定電子メール法よりOP25B

2006年には国内で送信される迷惑メールが、はっきりと減ってきた。

これは、前年の改正の「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」(特定電子メール法)の「送信者情報を偽った送信」をすると「懲役1年以下又は100万円以下の罰金」の効果というより、それまでADSLの常時接続の回線にメールサーバを接続し、大量の広告メールを発信していたスパマー(Spamer)が、送信できなくなったことにある。
( SPAMは、Hormel Foods Corporation/Luncheon Meatの缶詰の登録商標   MontyPythonFoot.gif )

ポート25ブロッキング

ISP(インターネットサービスプロバイダ)が実施した迷惑メール送信防止対策「ポート25ブロッキング」(Outbound Port25 Blocking)の実施で、スパマーがISPに接続したPCから迷惑メールを発信することができなくなり、休業状態に追い込まれたものだ。

ポート25ブロッキングにより零細spam発信者はspamを発信する手段を失った。
しかし、spam配信を生業としようとする連中は、レンタルサーバーや独自サーバーをインターネットに接続し、需要をまとめたり甘い言葉で勧誘し、特定電子メール法は気にも留めず、国内のみならず国外からも大量に迷惑メールを発信するようになる。

Comments

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
 
Copyright | 8 Peaks Inc. | Saku City NAGANO | 0267-82-7082 | Back to top