トピックス記事     カテゴリ : システム開発

「目的意識」が利益を生み出すシステムを作る


ほとんどの場合、それまで行われている業務方法をそのままコンピュータに置き換えても、情報化の効果は期待ほどのものにならない。

標準化されていない管理をそのままコンピュータ処理しようとすると、不要な費用がかかる上、実際の運用で逆に人手が必要になることさえある。

企業の業務をコンピュータ化するというのは大変な難行である。
現在行われている管理業務の不合理、非効率なところを省き、今の管理の思想をベースにしてコンピュータ化しようとすれば、業務システムを作るだけでは、ことは終わらない。

大概、システム導入は総論賛成ではじまり、具体的に進み出すにつれ既得権を持つ抵抗勢力による各論反対が現れ、マスタ整備がはじまると部外者のつもりでいた実務担当者の抵抗にあうものだ。

情報化を、システムの導入だけで捉えていると、社内の要因から「動かないコンピュータ」ができあがる。

発注側と開発側が「必要な管理の思想が共有できるチーム」であること

これが「使えるシステム」を作るために不可欠な要件である。

そうでなくても大変なイバラの道が続くシステム導入なのに、何かというと発注元を頼る「@_@」な発注先だと、もうお先真っ暗だ。
受注した案件を利用して、新入社員を教育しようとする発注先さえある。
バブル時代ならともかく、発注先の人材を育てながら開発を進めるなどという、大盤振る舞いのシステム導入をする余裕などあるわけがない。

わかっているソフトハウスであれば、最初の打ち合わせから発注側の要件を汲み取ろうとし、理解できない話が出れば、お互いが共に理解し合い、問題を共有したと納得できるまで進めるものだ。
システム導入の効果を、社内で使う紙の枚数がどのくらい減ったかで計ろうとした時代があった。
.....笑い話のように聞こえるが、これでも正確に計測できていれば大したものなのだ。

最良のシステムを納入するために、真面目に一生懸命考えて、持てる知識を総動員し、開発の日程と負荷を考え、現実的な解答をだしてくる担当者がいれば、導入は半分成功したようなものである。

どこか逃げ腰に見えたり、他人事のように案件を扱ったり、なんとなく裏がありそうな感じがするときは、実際にその予感がリクスとなる場合が多い。

できれば欲張りたいシステム導入+体質革新

世の中には、JIT、カンバン、TOCなど様々な管理の手法と思想がある。
情報化は否応なく今までの仕事の進め方に変化を持ち込むものである。
導入のためには、教育も必要になる。その企業で培われてきた今までの管理手法が、「本来あるべき姿」であるかの検証も必要になる。
「管理のあるべき姿」と利益向上をめざす体質を融合させることは、体質革新の活動と重なっている。

大上段に振りかぶって、情報化と体質革新を進めるのは、費用、人的資源をともに圧迫するが、「管理のあるべき姿」の探求とシステムに取り込む方法の勉強となれば、会社全体の意識改革を進めることができる。
意識を変え、それが後戻りしないように支えるのが情報システムとなるのだ。

Comments

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
 
Copyright | 8 Peaks Inc. | Saku City NAGANO | 0267-82-7082 | Back to top