トピックス記事     カテゴリ : システム開発

クリック一つでできる集計

  • 今月の顧客ごとの売上を集計する。
  • 今月の顧客ごとの売上を印刷する。
  • 顧客ごとに前月請求額、入金額、繰越金額、今回売上金額、消費税額、今回請求額と売上明細を書いた請求書を印刷する。
  • 請求書を発行する顧客の名前を封筒に印刷する。(ラベル印刷も可)
  • (ち密に行う場合は、売掛台帳で前月請求額などを管理します)

用意するデータ(表)

    顧客台帳
    データ項目:顧客名、住所、電話番号、郵便番号、前月請求額、前月入金額、繰越金額
    売上台帳
    データ項目:年月日、顧客番号、商品名、単価、数量、合計金額、消費税
    入金台帳
    データ項目:年月日、顧客番号、売上番号、商品名、単価、数量、合計金額、消費税、売上番号、入金日、入金金額

パソコン・データベースが持つ機能

  • データベースでは、一連の動作を自動的に実行(処理)するスプリクトを記述できる。
  • ボタンをクリックすれば、自動処理をを行うスプリクトを実行させることができる。
  • スプリクト(クエリ)は、顧客マスタ、売り上げデータ、入金データなど、複数のファイルから必要なデータを選び出し集計することができる。
  • 未請求の警告、締め日による請求書発行催促などの、きめ細かいスプリクトが記述できる。
  • 売り上げ入力、入金処理、請求書発行などを、複数のパソコンから操作することができる。
  • アクセス権減の設定により、間違ってデータを削除したり、担当者以外の閲覧を防止ができる。

Comments

Add Comment

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
 
Copyright | 8 Peaks Inc. | Saku City NAGANO | 0267-82-7082 | Back to top